NEXT
顧客理解とデザイン思考でビジネスを前進させる
  • 宣言
  • 幅広いクライアント様の業種(強み1)
  • 積極的なチャレンジ(強み2)
  • ワークショップ(強み3)
  • 踊り場にきたリサーチ業界
  • インデックス・アイが目指す姿
【宣言】

インデックス・アイは、マーケティング・リサーチでクライアント様にとっての顧客理解を、デザイン思考によるコンサルティングでクライアント様のビジネスを前進させるご支援をしていきます。

【幅広いクライアント様の業種(強み1)】

2009年に本格的にマーケティング・リサーチ事業を開始してから、食品・飲料から大型耐久財、サービス業、メディカル、BtoBまで幅広い業界のご支援をさせていただいております。

【ワークショップ(強み2)】

リサーチ結果を、単に報告書にまとめる、プレゼンテーションするだけでなく、よりクライアント様の中で問題意識を共有し、戦略・施策を考え、アクションに結びつけられるよう、多くのプロジェクトでワークショップを実施しています。

詳細へ
【積極的なチャレンジ(強み3)】

従来のアンケートやインタビューに加え、新しい観察調査のアプローチ「クロス・エスノ」、オンライン・コミュニティを活用した「MROC(エムロック)」、企業/プロダクト・ブランドとロイヤルユーザーを結びつける「ABCクライアント様評議会」などの新しいアプローチに積極的にチャレンジし続けています。

【踊り場にきたリサーチ業界】

日本マーケティング協会の「マーケティング・リサーチの現状(2014年度調査)」によると、企業のマーケティング・リサーチへの期待度、満足度はともに低下しており、日本におけるマーケティング・リサーチはまさに踊り場にきています。
現状のマーケティング・リサーチが、自分たちが思っているほど企業のビジネス、マーケティング活動のお役に立てていないのでは、という危機感を持っています。その主な原因は、事前に十分に検討せず安易に行っているマーケティング・リサーチがあまりにも多いことです。インデックス・アイは事前プロセスに注力しています。

【インデックス・アイが目指す姿】

デザイン思考を用いたワークショップを通して、クライアント様の「内側」にある、想いやアイディアを引き出すことを目指しています。そのプログラム立案やファシリテーションに磨きをかけ、クライアント様のビジネスを前進させること目指していきます。