インデックス・アイの伊藤と申します。前職は看護師として、主に小児領域で6年半ほど勤務し、去年、弊社に中途採用として入職しました。

 弊社は一般消費材の調査もさることながら、メディカルの調査も多くご支援しており、今回は、メディカルの調査において医療業界経験者がリサーチに関わる意味についてお話しさせていただきます。 

 

医療業界の現場はイメージが難しい 

一般の方でもニュースやドラマから医療現場のイメージを大なり小なりお持ちかと思います。最近では、COVID-19関連の医療ニュースから医療業界の内情などを知る機会も増えたと思います。 

しかし、実際の医療提供のあり方や、医師や看護師などの医療スタッフがどのように働き、どのように患者さんと関わってるのかは、イメージが難しいと思われます。 

ニュースなどでは取り上げられていないような、医療業界の細部を知る機会はあまりなく、漠然としたイメージにとどまることが多いのではないでしょうか。 

医療者目線で調査に携わる 

調査において、インタビューなどの対象となる医師・医療スタッフや患者さんの理解が深まることで、よりインサイトを探求できると思われます。 

看護師の経験から、実臨床の目線で医療案件に携わることで、 

・具体的なアイデアや意見を提示する 

・インタビューでは対象者の深い理解とインサイトの探求 

に繋がっていると思います。

スタッフの医療知識の充実 

メディカルの調査は、調査に関する疾患や薬の知識があることで、インタビューにおいてより深く聴取でき良質なリサーチに繋がります。 

そのため、私から疾患の病態や、患者さんの治療実態を他のスタッフにも伝え、スタッフがより疾患を理解できるようなサポートもさせていただいています。 

弊社には、看護師の経験がある私以外に、理学療法士の経験があるスタッフも在籍しており、また、メディカル分野における数多くの調査からなる知見や経験が豊富にございます。 医療業界経験者の視点から、より臨床実態に沿った調査のご提案・ご支援をさせていただきます。

この記事を書いた人

主にメディカルの調査を担当。前職は小児、障がい者領域の看護師。