Tag

新型コロナウイルス

Browsing

対面インタビュー・訪問インタビューの実施について

インデックス・アイでは、日本マーケティング・リサーチ協会の「会場テスト(CLT)における新型コロナウイルス感染症予防対策暫定ガイドライン」を遵守し、調査にご協力いただく方(調査対象者様)に事前に感染防止対策について説明し、了承・同意を得て、関係者全員の健康と安全に配慮し実施いたします。

新型コロナウイルス感染防止に向けた対策一覧

【スクリーニング調査時】
体調不良の有無に関する設問を追加
発熱、風邪などの症状及び最近1カ月間に海外渡航歴、本人または同居者が新型コロナウイルスに感染したか、感染者に接触していないか等を確認し、回答内容に応じて調査参加者を選定いたします。

当日までの注意喚起
調査対象者様に下記①~④の予防対策の徹底をお願いします。
①手洗いうがいや咳エチケットの実施をお願いします。
②予防や拡散防止のため、可能な限りマスクの着用をお願いします。
③調査当日に咳や発熱等の感染症状を有する方のご来場は、お控えいただきますようお願いします。
④入室前にアルコール消毒にご協力いただきます。

【実査当日】
受付での健康チェックについて
・入室前(受付)の手洗い、アルコール消毒をご依頼
・入室前(受付)で体調確認および体温測定を実施
※37.5℃以上の発熱がある場合、体調不良・その他新型コロナウイルスに対する
リスクを感じた場合はそのままお帰りいただきます。

マスクの着用について
・全員にマスク着用をご依頼
マスクを着用していない方には不織布マスクを配布いたします。
スタッフもマスクまたはフェイスシールド等を着用させていただきます。

実査ターム毎の消毒と換気
・インタビュールームで使用する機材・机などについて、使用前、使用後のアルコール消毒を徹底
・インタビュー中にも1時間2回程度窓を開けて換気、室内の空気入れ替えを徹底

備品の完備
・調査対象者様用含め不織布のマスク、フェイスシールド等を準備
・アクリル板や透明ビニールカーテンなどの間仕切り設置
・消毒液をフロント、各ルームに設置

 

【クライアント様向け】インタビュー開催にあたって

・クライアント様の見学は、バックルームの人数は必要最低限とさせていただきます。
・体調確認、手洗い・マスクなどを感染防止対策にご協力をお願いいたします。
・感染防止対策の実施に伴う調査所要日数や費用の増加がある可能性がございます。
・マスク着用に伴い、表情がわかりづらくなる可能性がございます。

新型コロナウイルスの流行でオフラインのリサーチをストップされていたクライアント様・対象者様・当社スタッフ関係者の健康と安全に配慮し、安心して実査が行えるよう、これからも努めて参ります。

新型コロナウイルス感染症拡大の早期収束と、罹患された方々の一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。5月25日に新型コロナウイルス感染拡大に関する非常事態解消宣言により、社会活動を再開させる動きが始まっております。

インデックス・アイでは、未だ治療薬やワクチンが確定していない中、スタッフおよびクライアント様、調査に御協力くださる方々、関係者の皆様の安全を第一に考え、また、再感染拡大を最小限に留め、日々奮闘されている医療従事者・ご関係者の皆様にご負担をおかけしないよう、引き続きスタッフのテレワーク業務を推奨して参ります。

皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

在宅勤務について

非常事態解消宣言後も、スタッフの自宅勤務を推奨、新しいワークスタイルの確立を目指します。

【出社して行う業務】
・個人情報を取扱う業務(アンケートや機材や発送・回収など)
・対面インタビュー
・特別な解析
・4月入社スタッフの教育・トレーニング
・諸事情につき自宅での業務が難しい場合

出社する場合は、時差出勤を行い、オフィスでは以下を徹底します。
・体調不良時は自宅待機
・出社時の検温
手洗い・うがいの徹底
・通勤・オフィス内でのマスクの着用
・手指や接触箇所のアルコール消毒
・「3密」の回避

インタビューについて

インタビュー、ホームビジットは、当面オンラインでのインタビューを基本とさせていただき、調査にご協力いただく方が対面インタビュー・訪問インタビューをご希望された場合、ご対応致します。

すでに、オンラインでのインタビューをお願いした方々には、予定通りオンラインで実施させていただきます。

ワークショップについて

ワークショップも、クライアント様と協議の上、オンライン、リアルを決定させていただきます。

クライアント様、取引先様のミーティング、プレゼンテーションについて

クライアント様、取引先様とのミーティング、プレゼンテーションは、オンラインでの実施を優先、ご希望される場合は対面で行います。

採用面接について

採用面接は、当面オンラインを継続致します。

Withコロナ、Afterコロナ時代に、インデックス・アイの理念である「顧客理解とデザイン思考でクライアントのビジネスを前進させる」を実践すべく、最適なアプローチの選択、新しいワークスタイルの確立を目指して参ります。

2020年6月1日
代表取締役社長
小田宜夫

4月7日に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されてから、1か月半近くたちました。既に多くのエリアで解除がされており、東京都をはじめとした感染者数が多い地域でも、本日25日解除とのことです。

今回は私が主で担当しているメディカル業界にとって、
今大きなテーマになっている医師の情報収集の在り方について、記載します。

これから医師の情報収集の在り方は大きく変化する

新型コロナウイルス感染拡大によって、主たる情報チャネルであった、対面でのMRさんの活動が出来なくなっています。以前からMRさんが話せる内容が制限され、病院での面談規制も伴って、MRさんの位置づけが変わりつつありましたが、現状強制的に情報収集の仕方がかわってしまったため、その変化のスピードがより一層早くなるであろうと睨んでいます。

オンライン・ワークショップは機能するのか?

新型コロナウイルス感染拡大防止のために出された緊急事態宣言による外出自粛要請に伴い、弊社においてもオフラインでのリサーチのほとんどがオンラインに切り替わっており、概ね問題なく実施できています。このような状況下で、各社様からワークショップを実施したいが、
オンラインでできるの?上手くワークするの?といったお問合せを多くいただいています。

結論から言いますと、インデックス・アイでの実施した経験からは、
オンラインであってもワークショップは機能する、と考えています。

新型コロナウィルス感染拡大・外出自粛要請によって、今まで当たり前だった働き方と
仕事の進め方が激変しています。インデックス・アイでも、全スタッフが在宅ワークに、
対面で行っていたインタビューをオンラインにと、すべてを切り替えています。

オンライン・インタビューに完全移行してから1ヶ月、試行錯誤の中から徐々に知見も
増えてきましたので、現状でのオンライン・インタビューでできること、課題について
書きたいと思います。
※以前から、インデックス・アイは、メディカルに関わらず、日用品、耐久財、
サービス財問わず、ほとんどの定性調査が1 on1インタビューです。

1 on 1オンラインインタビューはほぼ問題なくできる

新型コロナウイルス感染症拡大の収束と、罹患された方々の一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。
また、日々24時間体制で奮闘されている医療従事者・ご関係者の皆様には心より感謝申し上げます。
インデックス・アイでは、新型コロナウイルス感染拡大に関する非常事態宣言にともない、スタッフとその家族、クライアント様、調査にご協力くださる方、取引先・パートナー会社の皆さまの健康と安全確保を目的として、以下の対応を行ってまいります。

皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。