Service顧客理解における
様々なアプローチ

顧客理解の仕掛け

顧客のお気持ちやニーズを“より深く、よりリアルに”理解するための工夫

インデックス・アイでは、調査課題を踏まえて、生活者をより深くよりリアルに理解するための仕掛けをもち、それをインタビューや観察調査などで活用しています。

ヒストリー

生活者や患者さんが、どのような歴史を歩んでいらしたか、どのようなターニングポイントがあったか、調査時点の”点”だけでなく”線”で、バックグラウンドから理解を促進します。

ライフスタイル

インタビューに際して、現在の”普段の生活の様子”を事前にご記入いただくことで、限られたインタビュー時間を有効活用し、分析・洞察にも活用します。

マインドシェア

ターゲットが何に関心を持っているのか、また自社の商品やサービスが関心領域に入っているか否か、どの程度のウェイトを占めているかを明らかにします。

テンショングラフ

イベントやその時の気持ち(テンション)の高低を記載していただくことでインタビューで深堀りすべきポイントによりフォーカスします。

ビジュアルを使ったアプローチ

生活者や患者さんの価値観や言葉に表現できない「想い」、また潜在ニーズを探るために、ビジュアルやイラスト使って
ノンバーバルなアプローチを行います。

イラストで“価値観”を引き出す

生活者は、自身の「価値観」を言葉でうまく表現することはできません。
より擬人化したビジュアル・ボードを用いて、友人や周囲のヒトに「投影」してみて、価値観、特に、本音やダークサイドを引き出します。

ビジュアルで“気持ち”を引き出す

言葉だけでは語りにくい気持ちについてビジュアルを用いて更に踏み込んだ表現を引き出します。

ビジュアルで“嗜好性”を引き出す

言葉だけでは解釈が多様に理解されてしまう嗜好性をビジュアルを用いることで共通の理解が得られやすくなります。

活用ケース
インデックス・アイでご支援してきたマーケティング・リサーチの
活用例を掲載しています。
活用ケース
サービス
マーケティング・リサーチ
ワークショップ
マーケティング・コンサルティング
お客様評議会
研修プログラム
ページTOP