Service顧客理解における
様々なアプローチ

クロス・エスノ

“3つの眼”から気付きを得る、インデックス・アイ オリジナルの観察手法

エスノグラフィ調査を援用したインデックス・アイのオリジナルな観察調査です。一般的な観察調査が「1人(1世帯)を観察、インタビューしていく」のに対して、クロス・エスノは「観察結果(映像)を3~4人の対象者間でシェアする」のが最大の特長です。

特徴

POINT.01
対象者本人が、他の対象者の「行動」と自分の「行動」を対比することで対象者自身だけでは思いつかない、新たな“気づき”が得られます。
POINT.02
他の対象者の、どのような「行動」に反応するかで、企業視点ではないリアルな対象者の関心ポイントが分かります。
POINT.03
態度変容や意識の変化に結びつく訴求ポイントが明確に分かります。

活用イメージ

  • 同じ商品・サービス(ブランド)を使っていても、人によって使い方に差があるのは何故か?
  • 同じ行動・行為のなかに表れる、商品(ブランド)を使用している人と、使用していない人の差は何か?
  • 使用していない人に使わせるには、何をどのように訴求すれば響くのか?

上記の項目を明らかにして以下のような活用ができます。

ターゲット理解・世代研究

アイディア探索・コンセプト構築

コミュニケーション開発

モデルケース 『男性のスキンケア商品 コミュニケーションの施策検討』

調査設計

テーマ

化粧水などスキンケア商品非利用者獲得に向けたコミュニケーション施策の検討

調査対象

20代の社会人男性
※ケア商品の使用状況による割付

サンプル数

4s×2G
G1:ケア商品利用者G
G2:ケア商品非利用者G

観察内容

<ホームビジットでの観察調査>
G1:普段のケア商品利用実態、自社既存製品のトライアルユース
G2:ケア商品のトライアルユース
(インタビュアーによる説明なし⇒説明ありでの変化)


2グループとも、同じグループの対象者がふだん使用しているケア商品を使用している様子、トライアルユースの映像をシェア

トライアルユースの映像をシェア

グループ2にはグループ1がケア用品を利用している様子をシェア

グループ2にはグループ1がケア用品を利用している様子をシェア
スケジュール

1ヶ月半~2ヶ月


プロジェクトの流れ

プロジェクトの一例をご紹介いたします。


STEP 1
キックオフミーティング

STEP 2
対象条件の決定

STEP 3
リクルーティング

STEP 4
事前アンケート/オンライン・インタビュー

STEP 5
ホームビジット

STEP 6
ワークショップ

STEP 7
ワークショップ結果を可視化し、ご納品

ご提案/アウトプットイメージ

顧客にどれだけ満足していただいているか、満足/不満の要因は何か、CS評価を正確に測定するためのCSマネジメント導入プログラムを持っています。

活用ケース
インデックス・アイでご支援してきたマーケティング・リサーチの
活用例を掲載しています。
活用ケース
サービス
マーケティング・リサーチ
ワークショップ
マーケティング・コンサルティング
お客様評議会
研修プログラム
ページTOP