Service活用ケース

顧客理解
ターゲットの「価値観」を探索する

自身の「価値観」をダイレクトにきかれても誰も答えることはできません。
インタビューにおいて、“多面的”かつ“線”で追いかけることで、ようやく輪郭が見えてきます。後は受け手の“洞察力”に委ねられます。
そこでインデックス・アイでは、バーバル(言語を用いた)、ノンバーバル(言語を用いない)な「投影法」を用いて、その洞察力を高める工夫をしています。特に、イラストやストーリーを活用した投影法は効果を発揮しています。

こんなことでお困りの方へ

  • ターゲット理解が表層的にとどまっており、価値観や潜在ニーズまで探索できていない。
  • ターゲットの価値観から、新商品・サービスのアイディアを探索してみたい。
  • 生活者研究、顧客理解を、 従来とは違う独自なアプローチで行いたい。

どのように「価値観」を探索するか

“多面的”かつ“線”で追いかける

「最近、楽しかったコト」「興味・関心のあるコト」「こうなりたい」など前向きなお話だけでなく、「省エネモードでこなすコト」「こうはなりたくない/見られたくない」「コンプレックス」なども伺い、多面的に生活者を洞察するためのヒントを得ます。

友人や周囲のヒトに「投影」してみる

本音やダークサイドを引き出すために価値観をより擬人化したビジュアル・ボードを見てもらいながら、インタビューを行います。

【モデルケース】 ターゲットとして20代の「価値観」を探る

背景・調査課題/調査設計

従来のアイディア開発がSEED発想(プロダクトアウト)一辺倒であり、ターゲットの「価値観」や体験価値に基づいたアイディア開発にチャレンジしたい。また、自社製品でなくカテゴリー全体で若年層における購入・利用率が低く、新たに開発する商品は若年層(20代)をターゲットとする。

テーマ

20代一般生活者の「ライフスタイル」や「価値観」を探索する。

調査対象

社会人2~3年目(25歳前後)・・10名
※セグメント毎に偏らないようにする。

プロジェクトの流れ

プロジェクトの一例をご紹介いたします。

STEP 1
事前ワークショップ

ターゲットの「価値観」を仮説として洗い出してみる

STEP 2
ビジュアルボードの作成

ターゲットに当てはまりそうな
「価値観」ごとにビジュアルを作成する

STEP 3
お食事会

インタビュアーが、対象者とその友人と一緒に飲食を共にしてラポール形成、
人となりも観察

1on1インタビュー

ライフスタイル全般や好きなコトなどを伺いながら、ビジュアルボールを呈示、反応を観察していく

STEP 4
ワークショップ

インタビューでの反応から、ビジュアルボードをディティールまで詳細に見直していく

STEP 5
ビジュアルボードのブラッシュアップ

STEP 6
1on1インタビュー

ブラッシュした「価値観」の検証

ご提案/アウトプットイメージ

アウトプット・イメージの一例です。

「価値観」の構造化
「価値観」の深堀
ターゲットに寄り添うためのキーワード抽出
“筋の良い”「価値観」の選定
サービス
マーケティング・リサーチ
ワークショップ
マーケティング・コンサルティング
お客様評議会
研修プログラム
ページTOP