Service活用ケース

アイディア開発
0からアイディアを探索する

マーケティング・リサーチの課題の中で、最も難易度が高いテーマは「アイディア探索」です。従来のアンケートやインタビューでは、
潜在ニーズを充たした新しいアイディアは見えてきません。
インデックス・アイは、ホーム・ビジットもしくはスマートフォンやタブレットを活用した観察調査とワークショップを活用して、0からアイディアを構築していきます。

こんなことでお困りの方へ

  • どうしてもSEEDS発想の新商品・サービス開発に偏ってしまう。
  • 顧客理解や顧客ニーズから、新商品・サービスにつながるアイディアを探索したい。
  • 既存商品や参入領域にとらわれず、新事業のアイディアを探索したい。

0ベースのアイディア開発とは

①不満・不具合を解消して0に戻すアイディアに留まらず、
②今気づいている不満・不具合の中で解消することで
顧客の満足につながる可能性のあるアイディア、
③顧客が気づいていない課題を発見して、感動(WOW)につながるアイディアまで探索を試みます。

【モデルケース】 行動観察により新しい商品開発につながる兆し=アイディアを発見する

生活者のライフスタイル・自宅内での行動を観察して、生活者にとっての「課題」を理解して、新しいアイディアの“芽”を探索する

背景/問題意識

これまでは、デスクリサーチや定量調査から周辺環境の分析を行い、マーケティング戦略を立ててきたが、現状、「不満解消」型のアイディアに留まってしまい、新しいアイディアが見い出せていない。

調査設計

テーマ

生活者のリアルな生活実態を行動観察することで、従来のアプローチでは得られない新たなニーズを探り、新しい商品開発につながる兆し=アイディアを発見する。

新しい商品開発につながる兆し=アイディアを発見する。

調査対象

15世帯
年代、同居人数、生活環境の違いにより、生活スタイルや必要品が異なることを考慮し、できるだけ幅広い属性を含める
・性別、有職/無職、小さな子供のあり/なし
・単身生計者(若年層/シニア)、シニア2人暮らし
・大家族/核家族/DINKS
さらに、よりアイディアが湧くように以下の世帯を優先
①生活の中で、「工夫していること」や「こだわり」を持っている方
②生活の中で、悩みやトラウマを持っている方

プロジェクトの流れ

プロジェクトの一例をご紹介いたします。

Phase 0
観察視点の共有会

観察する個々人の見極めも重要だが、観察者全員の視点を合わせる
“目線合わせ”も重要

観察視点の共有会

Phase 1
宝探し
・事前アンケート

「普段の生活に関するアンケート」宝探しをする題材の目星(とっかかり)をつける
※テーマは「生活で使用している〇〇」であることを伝えたうえで聴取

  • ・工夫していること/こだわり
  • ・トラウマ/悩み
  • ・趣味や好きなこと
  • ・キッチン
  • ・お風呂回り
  • ・洗面トイレまわりなどにカテゴリーごとに
・HomeVisit ①

観察インタビュー「広く&浅く」 ニーズを探る〇〇について、生活全体を観察インタビュー

観察1:事前アンケートで目星をつけた内容
①工夫/こだわり
②トラウマ/悩み
③趣味

観察2:基本観察カテゴリー
④キッチンまわり、お風呂まわりなど、気づきが多そうな箇所

例)キッチンまわり冷蔵庫、食納庫や棚などの収納方法、開封後の保管方法などを観察

  • →どこで、どのような〇〇を使用しているか
  • →どのように使用しているか
  • →なぜそのように使用しているか
  • →工夫していること、こだわり、不満点
  • ※訪問して対象者と一緒に「会話(雑談)」をしながら、お部屋をまわる
  • ※参加者全員、気づきメモをとり、回収→全員に共有

Phase 1
宝探し
・「磨く宝」選定

観察インタビュー編集映像を視聴し、生活者の価値観や意識を探ります。

<気づきメモ共有Point>

  • ・メモは、HV後すぐにメンバー全員に共有
  • ・各自事前に目を通しておいていただく

<カテゴリー選定Point>

  • ・生活者それぞれのアイディアになり得るカテゴリー
  • ・全体(15s)を押しなべて大事な/多いカテゴリー

Phase 2
ワークショップ
-磨く宝を選定する

観察&インタビューを視聴、個々人の“気付き”を共有、「磨く宝」選定

ワークショップ・ニーズ抽出&アイディア出し

Phase 2
宝を磨く
・HomeVisit ②

観察インタビュー「狭く&深く」ニーズを探る
Phase1で選定した対象者・カテゴリーを深掘るための観察インタビュー
※対象者1名につき、2カテゴリー程度

(状況に応じて)行動観察インタビュー
実際に、「〇〇」を実施してもらう
例)朝食を作ってもらう、掃除をしてもらう、洗面からメイクまでの流れを実施してもらうなどユーザーごとに設定
※Point:今後商品になり得るヒントを探る

  • ・ユーザーの「望んでいる生活」とは何か?
  • ・どんなものがあったら役立ちそうか?

アイディアをぶつけてみる
WSで出られたアイディアやコンセプトを呈示、意見・感想を聴取

Phase 2
ワークショップ
-宝を磨く

ホームビジットで得た、生活者の価値観、潜在ニーズなどの“気付き”を共有し、仮説立て、新しいアイディアを作り込んでいく

行動観察インタビュー編集映像を視聴

行動観察インタビュー編集映像を視聴

気づき個人ワーク価値観の共有

気づき個人ワーク価値観の共有

アイディアづくり全体ワーク

アイディアづくり全体ワーク

  • ※選定Point
  • ・生活者それぞれのアイディアになり得るカテゴリー
  • ・全体(15s)を押しなべて大事な/多いカテゴリー

サービス
マーケティング・リサーチ
ワークショップ
マーケティング・コンサルティング
お客様評議会
研修プログラム
ページTOP